不動産取得税の軽減制度を受けるには【土地建物の購入時の税金】

不動産を購入した時には色々な税金がかかってきます。

  • 売買契約書に貼付する印紙代(印紙税)
  • 不動産を所有権移転登記するときの登録免許税
  • 不動産を取得した時に、都道府県から課される不動産取得税

 

不動産の評価額が高ければ、数十万円から百万円以上の不動産取得税がかかってくることもあります。

しかし、一定の要件を満たせば、登録免許税や不動産取得税の軽減措置を受けることが出来るのです。

軽減措置を受ければ、数十万円の不動産取得税がかからなくなる可能性があるということです。

 

続きを読む

地区計画とは?都市計画制限とは?

不動産を売買したときに、建築基準法や都市計画法の制限について宅地建物取引主任士から重要事項の説明があります。

しかし、不動産売買の素人が僅か1時間から2時間の説明では売買契約書の内容を理解することは難しいです。

続きを読む

未公開物件はお得な物件?【掘り出し物件】

不動産会社のホームページや街の看板、折込広告などに“未公開物件!早い者勝ち!“などの誘い文句が載ってることがあります。

未公開物件の多くは、不動産会社が情報を公にしたくないために未公開としています。

気を付けていただきたいのが、未公開物件だからといって決してお得な物件ではないということです。

続きを読む

通行承諾書や掘削の同意書に署名捺印するメリットデメリット

1.通行・掘削の同意書に署名捺印するメリットデメリット

隣人から通行掘削の同意書の署名捺印を求められることがあります。おおよそ、隣人の方の不動産売買や建築をする為の理由が殆どでしょう。

敷地までの通路や私道の持ち分が無い場合には、一般の人は購入を避けやすい傾向があります。

通行権の有無がはっきりしていない、掘削できない問題が発生するかもしれない不動産は、売るに売れなくなってしまうことがあるからです。

続きを読む

家の売却にかかる諸費用を少しでも抑える方法

家を売却するときにかかる諸費用の中で、売主負担が大きいものは仲介手数料です。

物件価格によって不動産会社に支払う仲介手数料の上限は異なります。不動産会社に支払う仲介手数料は20万~30万円程度の場合もあれば数百万円になってしまう場合もあります。

続きを読む

家を売却する前の修繕やリフォームは行うべき【売るためのポイント】

築年数が15年から20年以上経っている物件だと、買い手は建物に劣化箇所や設備の不具合が有るかどうか気にするものです。

築年数が古い一戸建てであれば、構造耐力上主要な箇所である基礎・土台・柱・梁・桁・壁・屋根等がまだ問題ないかどうか、買い手が気にするところでもあります。

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます