東京の不動産買取業者の選び方

換価分割

こちらのページでは、不動産買取を有利にすすめるために業者選びのポイントをまとめています。

不動産買取を有利にすすめるためには、まず不動産業者の免許番号や会社規模、実績を確認し、本当に不動産買取を行っている業者かどうか確認しなくてはいけません。

続きを読む

借地権、底地を売却する為の4つのポイント

信頼できる営業マン

借地、底地問題を解決することは、地主や借地人にとって良いことです。

 

そのためには、不動産会社が地主や借地人双方にとってメリットある提案ができなければ話もまとまりません。

 

借地、底地問題を解決するためには、借地・底地の売買業務に取り組んでいる不動産会社に依頼しましょう。

 

続きを読む

訳あり物件、自殺物件、事故物件の買取業者はある

1.事故物件や自殺物件の売買

家を売却するときに購入希望者や買主に告知しなければいけない事故物件や自殺物件

価格はどれぐらい下げれば売れるでしょうか? こればかしは売りに出してみないとわかりません。

 

多くの不動産営業マンは告知事項が有る(自殺や事件、孤独死、事故があった、周辺環境に問題がある)家を売ったことがありません。

続きを読む

相続した親の家を片付けて売却するまでの12のポイント

相続

 

日本では先進国でも世界トップの高齢社会になっています。高齢社会とは、年齢65歳以上の人口が全人口の占める割合が14%以上をいいます。

日本の場合には平成28年時点でその高齢化率が26.7%となりました(高齢社会白書より)

 

高齢社会にともなって、高齢者の孤独死や老人ホームの不足問題・空き家の問題など様々な問題が増えています。

これは誰しも経験しうる身近な問題なのです。

 

いずれは自分の両親が亡くなって、実家の片付けや手続き・処分・不動産の売却など、避けては通れない問題を経験することになります。

もしも、相続人であるあなたが実家から遠方のところに住んでいると、実家の片付けや手続きなどを数日で行うことは体力的にも精神的にも苦しく感じるはずです。

 

続きを読む

地代がもったいない。借地権を売る際の注意点やポイント

親から借地権を相続したタイミングで第三者への売却を検討する方は多いです。

借地権とは所有権と異なり、地主へ地代を毎月(毎年)支払わないといけません。また、契約期間が満了したら、更新料がかかります。

年間数十万円、更新料で数百万円の支払いとなると大変です。

相続した借地権の住宅を有効活用していない場合には、これらの費用は借地権者にとって大きな負担となるでしょう。

続きを読む
最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます