相続した田舎にある実家の処分をどうする

 

日本の高齢化率(総人口に占める65歳以上の高齢者の割合)は、平成30年時点で27.7%となり、超高齢社会に突入しています。

また、実家を相続した時の相続人の平均年齢も高くなっており、相続人にとって実家を相続することが負担となるケースは増えています。

 

相続した不動産を、自己居住用や投資用として自分の生活に役立てることができれば負担にはなりませんが、

相続人が遠方に住んでいて田舎の実家を相続した場合には、活用することは難しいでしょう。

 

所有してるだけで固定資産税の支払いや維持管理に労力がかかることもあり、負担を感じてしまうという方は多いのです。

 

続きを読む

住宅ローンを滞納して4ヶ月から6ヶ月

銀行から住宅ローンを借りてるのであれば、滞納してしまうと銀行から直接電話がかかってくるでしょう。

まだ滞納1か月から2か月未満の段階では、話し合いで何とかなることもあります。

 

リストラや給料ダウン、心身の状況や家庭の事情次第で家計が厳しくなってしまうことは、よくあることだからです。

銀行によっては、返済条件の変更(返済期間の延長や元金据え置き等)を受けられることもあります。

 

続きを読む

相続した不動産を売るには

 

両親や身内が亡くなって、不動産を相続することになったけど、どうしたら良いのわからない。

このページでは、そんな方の為に不動産相続時に必要となる売却の手順や、高く売るためのポイント、相続不動産のトラブルについてご紹介いたします。

 

相続した不動産は長年放置してしまうと、売るに売れなくなってしまいます。

自分で住んだり、建て替えたり、賃貸物件として活用するのでなければ、年間の維持費や固定資産税を考えると早めに売却してしまうのも1つの方法です。

 

続きを読む

買い替えで家の売却を成功させるには

 

不動産の買換えとは、家の売却と、新居の購入をセットで行うことです。

 

一般的には売りと買いが同時期になるように話を進められれば買い替えは成功といえます。

家が売れても、新居が買えなければ失敗です。新居が買えても、家が売れてなければ同じく失敗です。

 

続きを読む

訳あり物件、自殺物件、事故物件の買取業者はある

1.事故物件や自殺物件の売買

家を売却するときに購入希望者や買主に告知しなければいけない事故物件や自殺物件

価格はどれぐらい下げれば売れるでしょうか? こればかしは売りに出してみないとわかりません。

 

多くの不動産営業マンは告知事項が有る(自殺や事件、孤独死、事故があった、周辺環境に問題がある)家を売ったことがありません。

続きを読む

家を売るなら、ここの仲介会社がお勧め!プロの業者がお勧めする2019年の仲介会社

仲介会社選びで、売却がうまくいくかどうかの結果は変わってきます。

大手の仲介会社だからといって、売却に強いわけでもありません。大手の会社でも、担当者によって当たり外れもあります。

また、第一印象で簡単に決めてしまう方もいるでしょうが、売却結果に後悔しないためにも仲介会社を見極めて選んでほしいところです。

続きを読む

売れないリゾートマンション、リゾート物件

 

リゾートマンションやリゾート物件は中々売れません。

 

売れない理由としては下記があげられます。

 

・物件から市街地まで遠すぎてアクセスが不便

・管理費や維持費が高すぎる、温泉使用料等の施設維持費や更新料も高い

・管理組合が機能していない

・収益物件に向かない

 

バブル期には数千万円から億円もした物件が、当時の価格の1/10以下になっても買い手がつかず

空き家のまま放置されている悲惨な状況となっています。

 

続きを読む

築年数40年を超えた団地の買取、売却

「築年数が古くなった団地を売りたい」という相談が増えています。

そのような団地の殆どは、賃貸需要が見込めなく、築40年以上で住民の高齢化がすすんでいる物件です。

今後は都心に通勤できるエリアでも、そのような相談が増えてくると思われます。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます