地代がもったいない。借地権を売る際の注意点やポイント

親から借地権を相続したタイミングで第三者への売却を検討する方は多いです。

借地権とは所有権と異なり、地主へ地代を毎月(毎年)支払わないといけません。また、契約期間が満了したら、更新料がかかります。

年間数十万円、更新料で数百万円の支払いとなると大変です。

相続した借地権の住宅を有効活用していない場合には、これらの費用は借地権者にとって大きな負担となるでしょう。

続きを読む

住宅ローンが残っている家を売りたい

家を売る場合には、引き渡し時までに抵当権などの担保権を抹消することが売主の義務となります。

住宅ローンを組んで家を購入した場合には、土地建物に抵当権が設定されています。

まだ住宅ローンが残っている場合には、ローンの残債を返済しなければ銀行等の金融機関は抵当権の抹消に応じてくれません。

 

続きを読む

ひな壇の土地建物を買取業者に売却!

ひな壇の土地とは、道路や隣地との間に高低差がある土地のことをいいます。

その名前のとおりヒナ人形を飾る台のような階段状になった造成地であり、日当たりや眺望が良い物件も多いです。

続きを読む

コロナウイルスで不動産市況が変わってくる?

コロナウイルスの感染者数が急増化しており「パンデミックが加速している」とWHOが警告する過去に例を見ない事態となっています。

このままだとリーマンショックやITバブル崩壊時以来となる、本格的な世界不況に突入しそうです。

続きを読む

収益物件を売るためのタイミングとは? 売却時の利回りが大事

収益物件とは、家賃収入などを目的とした物件のことで、1棟アパートやマンション、ビル、区分マンションも該当します。

収益物件を保有してる方、売却を検討してる方、すべての方が資産運用のために物件を購入されてきたのではありません。

相続で収益物件を保有することになった方もいるでしょう。

続きを読む

リゾート物件や別荘地の買取業者

リゾートマンションや別荘地を売りたいけど、どのようにすれば売れるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

当社にも法人個人問わず、あらゆる方から別荘地やリゾートマンションを買い取ってほしいという相談がきます。

続きを読む

再建築不可物件は投資に向いてる?購入時の注意点と収益化する為のノウハウ

Athomeやsuumo、楽待などの物件情報サイトで”再建築不可”という物件を見られることがあるでしょう。 他の物件に比べて 価格が2割から3割安く販売されてることが多く、価格が安いゆえに人気の物件もあります。

また、再建築不可物件を投資目的で購入する方だけでなく、相続で再建築不可物件を所有して賃貸に出してる方も多いです。ただし、再建築不可物件を収益を生む投資物件にする為にも、最低限の知識は必要です。 リフォームや修繕、維持管理の手間で手放す方も多いのです。

続きを読む
最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます