再建築不可

 

再建築不可とは、建て替えができない不動産のことです。再建築不可の敷地には新しく建物を建てることが出来ないため、購入しようとする方は少ないですが、あえて安いからという理由で買われる方もいらっしゃいます。

ただ、親から相続した不動産が再建築不可とは知らなかった、家を売ろうと思ったら建て替えが出来なくて不動産会社から売れないと言われた…自分が所有している不動産が再建築不可だと知ると、途方にくれてしまう方がほとんどです。

そして、売るに売れないまま所有し続けて、ボロボロの空き家になってしまった、そんな方がたくさんいます。

このサイトでは、再建築不可物件を購入する方が住宅ローンを組んだり、相場や評価を知って検討できるように押さえておきたいこと、再建築不可物件を売却する方が安心して売れるように、また業者買取を利用できるように知っておきたいことをすべてお伝えします。

 

Step 1

まずは再建築不可物件を購入する方へ

再建築不可物件を購入するときには、建物の状態によって購入後のリフォーム出費が全然ちがいます。

相場よりも安いから興味があるという人が多いのも事実ですが、買ってはいけない土地・家の価値が半減してしまう土地や死地といわれる理由があるのを忘れてはいけません。

数十年後に売却できるかどうか、住宅ローンが組めるかどうか、引き渡しを受けた後のリフォームローンの準備は万全かどうか、リフォームプランは購入前に確認できてるかどうか、購入前に不安要素をどれだけ払しょくできるかどうかが重要です。

まずは以下のページを読んで、本当に大丈夫かどうか慎重に検討しましょう。

再建築不可物件についてよく知ろう

再建築不可物件を購入する時に気を付けたい10のポイント 再建築不可物件の購入・リフォームのサポート
安い再建築不可物件を購入すると起きるかもしれないトラブルと危険性

 

住宅ローンを組む場合には

再建築不可物件の相場、融資について 再建築不可物件の相場、知った上で物件活用ポイントあれこれ

 

再建築不可物件のリフォーム基礎知識

再建築不可物件を買ってフルリフォームする 再建築不可物件をリフォームして新築同様にできるのか!?
再建築不可の不動産をリノベーションする3つのポイント 再建築不可物件を新築同様にするには新築以上の費用がかかる

再建築不可物件を購入する場合

再建築不可物件をリフォーム前提で安く購入する4つの条件

 

再建築不可物件は火事の対策が重要

再建築不可物件が火事になったら?【火災保険】

 

建て替えが出来ない土地

再建築不可の土地【建て替えが出来ない家】

 

 

Step 2

再建築不可物件の相場や税金について

再建築不可の物件の売買相場は、類似事例や比較事例が少なく、知ることがむずかしいとされています。

 

再建築不可物件の固定資産評価や相続税評価は、敷地の大きさや接道状況、立地によって、ある程度の評価をすることが可能です。ただし、実際の売買される金額なると、土地の形状や大きさ、隣地との境界の問題、建物の状態によっては、評価額とは大きく離れた売買成約価格になることがあります。

 

よく不動産を購入する方が気になるのが、税金がどれぐらいかかるのかということです。購入時の不動産取得税や登録免許税、毎年の固定資産税・都市計画税は、不動産によっては高額になるからです。

 

再建築不可物件を購入される方、売却される方も、相場や評価について把握してから、売買を行うようにしましょう。

税金について

再建築不可物件の固定資産税

 

袋地、無道路地の評価について

旗竿地、袋地、突き当り、再建築不可の家の評価 【売買/売却】

 

難あり物件の場合の需要

再建築不可や事故物件、自殺物件の適正な評価とは

 

Step 3

再建築不可物件の売却対策

再建築不可物件は、立地や建物の状態によって、売却できる価格は全然違います。

 

よくあるインターネットの無料査定サイトでは何でもかんでも家を高く売却できる等と書かれていることもありますが、結局は売却を依頼する不動産業者によって売り出し価格や成約価格は全然違うことになります。安易に売り出しを行ってしまうと、結果的に損をしてしまう誤った判断をしてしまいます。

 

もっと詳しく言うと、所有している再建築不可物件が東京23区内であるのならば、適正な価格で売主買主間でトラブルにならないように売りに出すのと、信頼できそうな不動産業者に売却依頼もしくは買取業者に依頼をすることです。

不動産業者は東京都内では数多くあるため、依頼先を選ぶことはむずかしいかもしれませんが、大手不動産会社や物件近くにある信頼できそうな会社、また当社でも再建築不可物件は力を入れて売却対応しております。

再建築不可の買取

再建築不可買取~当社が再建築不可を高く買い取る4つの理由

 

売却ポイントや近隣トラブルについて

再建築不可のアパート、売却をするポイントとトラブル対処法

 

相続した不動産が再建築不可だった

価値がなくなってしまった再建築不可物件の4つの利用法

 

仲介業者様へ

不動産仲介業者様へ~再建築不可物件を高く買います

 

瑕疵がある物件、難がある物件を売るには

訳あり物件、瑕疵物件を売ることはできるのか?

 

 

再建築不可物件の固定資産税

1.固定資産税、都市計画税とは

不動産を所有している方には、固定資産税・都市計画税に関しての納税通知書が毎年5月から6月に送られてくるでしょう。

 

固定資産税の基準日である1月1日時点の所有者に対して、納税通知書がおくられます。自治体によって納税期限が異なりますが、年4期払い(一括納付可)となります。

 

続きを読む

再建築不可や事故物件、自殺物件の適正な評価とは

再建築不可の物件、身内が自殺してしまった事故物件、孤独死があった不動産を売るための適正な価格を知りたい方は多いでしょう。

 

接道状況(道路付け)や土地の形状・建物の老朽度によって、再建築不可の物件でも売れる金額や評価額はかわってきます。

 

事故物件や自殺物件では、発見された時の状況、経過年数、事故や事件の内容などによって物件の減価率はかわってきます。

 

続きを読む

再建築不可物件の相場、知った上で物件活用ポイントあれこれ

ieie

売却するなら早めに売却してしまったほうが良いです。

 

いつまでも空き家として所有していれば、固定資産税等の支払いがかさんでしまい、建物の老朽化が進行してしまいます。

3年以上空き家のまま放置されてきた物件は雨漏りやシロアリ、床下の腐朽が多く、そのような物件は売るときに安くなってしまいます。

 

続きを読む

再建築不可物件を新築同様にするには新築以上の費用がかかる

dada

建て替えができない再建築不可物件だからこそ、リフォームをして、不安が残らないように構造にしたいという方が大半です。

 

予算に問題がなければ、見えない部分や隠れた部分等、構造補強をしっかり行って倒壊リスクが残らないようにしておきましょう。

 

リフォーム内容はピンキリです。リフォーム内容や建物の状態によっては建物を新築する以上に費用がかかることがあります。

続きを読む

安い再建築不可物件を購入すると起きるかもしれないトラブルと危険性

1.再建築不可物件の危険性

apart

物件価格が安い再建築不可物件には購入する上で要注意点が沢山あります。

もし、再建築不可物件を購入するとしたら慎重に物件調査をすること、また建物の老朽度をちゃんと把握してください。

ほとんどの建物は旧耐震基準、築年数40年から50年以上たってる物件です。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
再建築不可の買取実績は年間30件以上