土地を売却するには

私道や境界をめぐる問題を抱えた土地、法的手段による解決方法

土地を所有している場合、私道の利用方法について、隣人とトラブルになっているケースがあります。

私道の利用を急に禁止されたり、自分の私道に勝手にものを置かれたりして困ってしまうこともありますし、土地の境界が明らかにならず、境界トラブルが発生している場合もあります。

 

このように、私道や境界のトラブルを抱えた土地を所有している場合、大変住みにくくなりますし、そのままでは土地の売却なども難しいです。

続きを読む

借地権譲渡の承諾に変わる許可を求める裁判手続きの方法【地主が承諾しない】

他人の土地上に建物を建てて居住しているときには、その土地上に「借地権」を設定していますが、建物を他人に譲渡しようとした際、地主が借地権の譲渡を承諾せずにトラブルになることがあります。

法律上、借地権の譲渡には地主の許可が必要とされているので、原則的には地主が承諾しない限り借地権譲渡ができないことになってしまうからです。

 

続きを読む

借地権、底地の買取業者の一覧

借地・底地の解決

底地を処分したい整理したいと思ってる地主、借地権を売りたいと思う借地人、借地・底地問題を解決したいと思われていらっしゃいませんか?

平成4年以前になされた借地契約は旧法借地権となります。

もしも、子供が借地権を相続した場合には、その権利は子供が承継することになります。

子供の代になってしまうと、地主や借地人の付き合いがまったくなくなってしまい、借地・底地の整理が遠ざかってしまいます。

続きを読む

セットバックが必要な土地【気を付けたい不動産売買】

1.セットバックとは

建築基準法第43条では、建築物の敷地は幅員4m以上の道路に2m以上接していなければいけないと定められています。

古い街並みにある2項道路や位置指定道路では、4m未満の道路が多いです。

 

幅員4m未満の道路の場合には、道路の中心線から水平距離で2mずつ後退した線を道路の境界線とみなされます。

その道路の境界線まで後退させることをセットバックといいます。

 

続きを読む

登記簿、地積測量図、公図の読み方、取得方法

1.公図や登記簿、地積測量図

公図

 

不動産売買をおこなう当事者は登記簿謄本(登記事項証明書)や公図、地積測量図の見方を知っておく必要があります。

個人の買主は日ごろ馴染みがないもので難解に感じてしまうかもしれません。

 

売買契約時に営業マンの説明を理解できない方も多いです。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます