借地権譲渡の承諾に変わる許可を求める裁判手続きの方法【地主が承諾しない】

他人の土地上に建物を建てて居住しているときには、その土地上に「借地権」を設定していますが、建物を他人に譲渡しようとした際、地主が借地権の譲渡を承諾せずにトラブルになることがあります。

法律上、借地権の譲渡には地主の許可が必要とされているので、原則的には地主が承諾しない限り借地権譲渡ができないことになってしまうからです。

続きを読む

売れない土地や、売れない空き家の活用方法【田舎の土地】

売れない空き家

田舎に土地や空き家を所有している場合、放置していても何のメリットもありません。毎年、固定資産税がかかりますし、土地上の建物が危険な「特定空き家」に指定されてしまったら、固定資産税の金額が高額になってしまうおそれもあります。

このような問題をクリアするには、空き家を活用することが大切です。

続きを読む

中古マンションの相場を知って、マンション売却を成功させる

仕事以外で自分のモノを売った経験のある人は意外と少ないです。使いかけの鉛筆や消しゴムすら他人に売ったことのない人がほとんどです。それにもかかわらず、中古マンションの売却では、いきなり他人に大きな金額のモノを売る経験することになるのです。

そのため、中古マンションの売却には、入念な計画が必要です。中古マンションの売却は、まず相場を知ることから始まります。今回の記事では、相場を知りマンション売却を成功させるポイントをまとめました。

 

続きを読む

小規模宅地等の特例計算例【土地の相続】

土地を相続した場合、評価額が高額になると相続税が発生することがあります。このとき、土地の評価額が高ければ高いほど相続税も高額になりますが、一定の要件を満たす場合には「小規模宅地等の特例」が適用されて、土地の評価額を低くすることができます。

これはどのような特例で、具体的にはどのようにして土地評価額を計算したり減額したりすることができるのでしょうか?

今回は、小規模宅地の特例とその計算例をご紹介します。

続きを読む

任意売却に対応してくれる不動産会社

任意売却

住宅ローンの返済が厳しくなってしまい、自己破産や任意売却をお考えになられていませんか?

住宅ローンを返せなくなったとき、早い段階で任意売却専門の不動産業者に相談をしないといけません。

競売開始決定通知が届いてから、ようやく重い腰をあげて任意売却等について調べられる方もいらっしゃいますが、非常に遅いです。

続きを読む

借地権、底地の買取業者の一覧

借地・底地の解決

底地を処分したい整理したいと思ってる地主、借地権を売りたいと思う借地人、借地・底地問題を解決したいと思われていらっしゃいませんか?

平成4年以前になされた借地契約は旧法借地権となります。

もしも、子供が借地権を相続した場合には、その権利は子供が承継することになります。

子供の代になってしまうと、地主や借地人の付き合いがまったくなくなってしまい、借地・底地の整理が遠ざかってしまいます。

続きを読む

不動産屋で賃貸物件を借りる時に仲介手数料無料や半額にする方法

不動産会社によっては、賃貸物件を借りる時に仲介手数料が安くなったりします。エイブルのように仲介手数料半額とうたっている不動産会社もあります。

何故、エイブル等の不動産会社が仲介手数料半額で紹介できるのかといいますと、それはすべての物件ではなく自社物件や管理物件であれば、仲介手数料は無料や半額にできるということなのです。

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます