相続した土地を高く売りたい場合には

相続した土地がいくらで売れるのか。売却価格によっては、自宅の買換え等の計画をたてられることもあるでしょう。

 

相続人が多ければ、遺産分割協議で誰が土地を取得するのか決めなくてはいけません。

法定相続分を基準に土地を共有で相続することになれば、将来土地を売る際に他の相続人の許可が必要となります。

相続が発生するたびに、所有者が細分化されることもあります。

現金や有価証券等の遺産とちがって、土地や不動産は単独相続にしておいたほうが将来的に売りやすくなります。

 

続きを読む

成年被後見人の不動産の売却

施設に入ってしまった高齢者である親の不動産を売却したくても、売却できないことがあります。

例えば、親が認知症になっていて介護が必要な状態になっていれば、まずは成年後見の申立てをしなくてはいけません。

 

続きを読む

住宅ローンが残っている家を売りたい

家を売る場合には、引き渡し時までに抵当権などの担保権を抹消することが売主の義務となります。

住宅ローンを組んで家を購入した場合には、土地建物に抵当権が設定されています。

まだ住宅ローンが残っている場合には、ローンの残債を返済しなければ銀行等の金融機関は抵当権の抹消に応じてくれません。

 

続きを読む

家の住宅ローンが払えない【任意売却】

下記のような理由で、家の住宅ローンが払えなくなっていませんか?

 

失業してしまったり、病気やケガになってしまったり、無理な計画でフルローンを組んでいたり、事業に失敗してしまったり

一番多い理由として、収入の低下や失業によって住宅ローンの返済が困難になってしまったケースです。

住宅ローンの返済が困難になってしまったら、はやめに金融機関や不動産会社に相談をしましょう。

 

続きを読む

海外居住中に不動産を売りたい場合【非居住者/税金】

国際結婚という理由だけでなく、生活やビジネスの拠点を外国に移したいという理由で海外移住される方が増えています。

海外移住しても年金受給の要件を満たしていれば日本の年金は受給できますし、今後も海外移住される方は増えるでしょう。

これから海外移住する予定の方は、日本在住してる間にはやめに不動産を売却しておきましょう。

続きを読む

未登記建物を買取りしてもらう

建物の登記をすることは不動産を新築または取得した方の義務です。

不動産登記法では、建物を新築または取得したものは表題登記の申請をするように定められています。

表題登記とは・・・不動産登記簿に表題部が設けられ物理的状況(所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積・所有者)を明らかにする登記です。

新築した建物は1か月以内に表題登記をする決まりがあります。

表題登記

 

続きを読む

家や不動産を売るときに知っておきたいこと【手順/必要な書類】

家や不動産を売りたい時に最低限知っておきたいことをまとめました。

はじめて家や土地を売る方も、ぜひ最後までこちらのページをご覧くださいませ。

1.家を売る時に知っておきたいこと

売ろうと思ってる物件は、土地でしょうか? マンションでしょうか?

土地や戸建てなのか、区分マンションなのか、収益物件なのかで、売り方や売る時の必要書類も変わってきます。

 

続きを読む

不動産取得税の軽減制度を受けるには【土地建物の購入時の税金】

不動産を購入した時には色々な税金がかかってきます。

  • 売買契約書に貼付する印紙代(印紙税)
  • 不動産を所有権移転登記するときの登録免許税
  • 不動産を取得した時に、都道府県から課される不動産取得税

 

不動産の評価額が高ければ、数十万円から百万円以上の不動産取得税がかかってくることもあります。

しかし、一定の要件を満たせば、登録免許税や不動産取得税の軽減措置を受けることが出来るのです。

軽減措置を受ければ、数十万円の不動産取得税がかからなくなる可能性があるということです。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます