価値がなくなってしまった再建築不可物件の4つの利用法

1.価値が低い再建築不可物件

再建築不可物件は担保価値が低い、担保価値がないとみなされて、買主は都市銀行や信用金庫などでは住宅ローンを組んで購入することができません。

所有者の中には建て替えができないということで資産価値がないとみなす方も多く、空き家のまま放置してしまってる方も多いです。

 

 

東京23区の再建築不可物件であれば、投資や居住用としても、十分に価値はあるんですけどね。

続きを読む

建築構造上主要な6か所をチェックしてリフォーム工事する

1.建築構造上主要な箇所とは

30年、40年、50年と長く住むことができる丈夫な家にするためには、建築構造上主要な箇所の手入れや修繕が大事です。

また中古住宅を個人間で売買するときに、建築構造上主要な箇所は引き渡ししてから3ヶ月以内まで瑕疵担保責任があります。瑕疵担保責任とは、土地建物に瑕疵(欠陥)があり買主(一般の人)が注意をしても簡単に見つけられないような場合に、売主が買主に対して負う責任をいいます。

 

続きを読む

高齢者対応のバリアフリーを費用300万円でリフォームする

1.バリアフリーのリフォームをする

123

マンションと比べて、一戸建ては段差や階段・廊下の幅などが狭いため高齢者の方にとって住みづらい家かもしれません。

特に、昔の住宅であればバリアフリーを考慮されていない家が多く、年を重ねてから、マンションに住み替えや買い替えをされるかたが多いです。

続きを読む

お風呂工事、ユニットバス工事を費用100万円で成功させる

1.ユニットバス工事の費用

ユニットバス

日経BPコンサルティングモニターによる、持ち家の方へのリフォームアンケートによると、水まわり工事を一番にリフォームしたいという回答が多いです。

水まわりの工事費はリフォームの中でも一番費用がかかります。それでも水まわりの工事をしたいという方は、多いのです。

 

続きを読む

東京の不動産買取会社が信用できない7つのワケ

1.東京の不動産買取会社が信用できない7つのわけ

 

多くの方は不動産を売却するとしたら、まずは不動産仲介会社に売却の相談をする方が多いです。

不動産会社に買取相談される方は少ないでしょう。

 

はじめて不動産を売却する方は、どこの不動産仲介会社に相談したら良いかわからないかもしれません。

続きを読む

サッシ、窓のリフォームする際の4つのポイント

1.窓・サッシをリフォームする4つのポイント

mado

築年数が経った家や古くなった家の窓・サッシをリフォームするメリットは、老朽化した窓の見た目を綺麗にする・新しくなるということだけではありません。

昔のサッシに比べて品質や性能が良くなっているため、断熱性や遮音性・防犯性を高めることができます。

続きを読む

建ぺい率容積率オーバーの既存不適格物件を買取してもらう

ie

 

既存不適格物件は現在の建築基準法の規定を満たしていない建物です。

再建築不可物件や違反物件、違法物件とは違います。既存不適格物件に関しては増築やリフォームの制限を緩和する規定も設けられています。

 

既存不適格を買い取ってくれる不動産業者は多く、問題なく売却することはできます。

 

続きを読む

悪質訪問販売のリフォーム業者に気を付けたい3つのポイント

1.悪質リフォーム業者の手口に騙されない3つのポイント

住宅のリフォーム業者、建設関連の業者は沢山あります。建設関連の業者の数は個人・法人あわせて20万超、2010年度の大工の数は減っているが、大工や職人の数は約40万人といるとされています。(国勢調査によるもの)

 

20万超の建設業者の中でも住宅リフォームの仕事を請け負っている業者の数は5万以上の業者が携わっているのです。

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます