アパートの買取、ボロボロで空室だらけでも高く買い取る理由

ぼろアパート

・ボロボロになってしまったアパートを売りたい

・入居者が中々つかなくなってしまって維持管理ができないアパートを売りたい

・今のうちにアパートを売却して現金化しておきたい

 

当社では東京都内、他県一部のアパートを高く買取りしております。

アパートの維持管理や処分、売却でお困りの方は、ぜひ当社まで査定をご依頼くださいませ。

続きを読む

いらない古家付き土地や更地を寄付、引き取り、処分するには

安心できる営業マン

古くなってしまった家の処分、売却で困ってる方は多いです。

市場価値が低い物件や流通性が低い土地建物を自治体に寄附することは非常に困難です。

いらなくて財産放棄したい不動産があっても、手続きを行うのは大変です。

 

市場価値が低い土地や古家付き土地、買い手がいない土地を手っ取り早く処分するには不動産買取業者に依頼することです。

 

続きを読む

最短3日で東京の不動産が現金化できる当社の不動産買取の仕組み

信頼できる営業マン
はやく不動産を現金化したい方は特別な事情をお持ちの方が多いです。

 

あなた様は、どのような御理由で不動産買取をご希望されていますか?

不動産会社に買取を依頼することで、すぐに決済をしてもらうことができます。

 

・相続した不動産が空き家になっているから

・遺産分割協議後にすぐ売却したい

・住宅ローンを滞納していて早期売却をしたい

・権利関係が複雑になっている

・敷地が大きすぎて個人の買い手があらわれない

・建物がボロボロの状態だから、古家付き土地だから

 

続きを読む

収益物件の買取業者

1.収益物件とは

収益をもたらす不動産のことです。

 

主に区分マンションや1棟アパート、一棟マンション、ビルなどのことですが

その他にも、コインランドリー投資やトランクルーム投資、太陽光発電、airbnb、シェアハウス等の物件も含めることができます。

 

不動産業者が買い取る収益物件は、前者の物件が多いです。

 

続きを読む

1か月以内に不動産を売却して現金化するには

短期間で不動産を売る場合には、不動産業者による買取または、現金決済してくれる買い手を探すことになります。

「売り出してから半年、1年も経ってしまった、不動産会社から内覧等の報告をまったく受けていない…」と相談に来られる方もいらっしゃいますが、

その多くは価格設定を高くしてしまっていることが原因となっています。

 

 

続きを読む

43条但し書きの許可が必要な土地【売買/売却】

建築基準法第43条では、建築物の敷地は建築基準法上の道路に2m以上接していなければいけないと定めています。

2m以上接していなければ、建築物の敷地にすることができない=建物を建てられないということです。

 

2m以上接していない敷地は、未接道の土地・再建築不可の土地・死に地・袋地などと呼ばれることがあります。

古くからある住宅街では、そのような土地がゴロゴロあります。

 

続きを読む

隣地越境している建物を売却

密集市街や古家が立ち並んでいる地域では、建物が隣地境界を越境していたり、他人地に水道管や排水管が越境していることもあります。

そのような土地は、隣人から建物の越境物の撤去を求められたり、上下水道の配管の移設を求めらえることもあるでしょう。

 

売主や不動産会社は買い手に対して説明義務を負いますので、上記のような物件を何も説明せずに買い手に売却をしてしまった場合には賠償義務を負ってしまうことになります。

こういった隣地越境の問題は、近隣トラブルの発生の元となりますので、不動産売買をする前に当事者のヒアリングや覚書等の対応が必要となってきます。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます