不動産の買取~土地、一戸建て、マンション

 

家をはやく売却したいから買取業者に買い取ってほしいとお考えですか? アパートが維持管理できないから買い取ってほしい、相続した不動産を遺産分割したいから買取業者にはやく現金化してもらいたいという方も多くいらっしゃいます。

さいわいなことに、東京にはたくさんの不動産買取業者があります。但し、業者による不動産の買取相場は市場で一般に売り出されている不動産価格よりも低くなってしまうことが多いです。その土地の形状や大きさ、物件種別によっては、売主にとって有利な条件で高く買い取ってもらえる場合もあるため、まずは不動産買取業者に査定依頼をしてみましょう。

 

不動産といっても、物件種別が幾つにも分かれます。大まかに分けるとすると、土地や一戸建て、収益物件、区分マンション、店舗付き物件やビルとなります。さらに、土地だけでも細かく分けることができて、狭小地や古家付き土地、建売用地、開発が必要な土地、マンション用地、広大地などがございます。

不動産買取業者によっては買取対応している物件が異なります。区分マンションを専門に買い取ってる業者がいれば、土地や一戸建てを買い取ってる業者もいるのです。

 

このページでは物件種別ごとの買取業者の利用の仕方、また不動産を買い取ってもらう上での注意点やコツ等をまとめたページを紹介させていただきます。

 

Step 1

一戸建てを買い取ってもらう

相続した実家をはやく売りたい、長年空き家にしている住宅をはやく処分したい、一戸建てを売ってマンションに買い替えしたい

一戸建ての買取業者であれば、すぐに買い取って現金化をしてくれるため、はやく売りたい方にとっては都合が良いです。

相続や買い替えの場合には、はやく売却して、遺産分割や住み替えのスケジュールを組みたいという方が多いからです。

不動産業者が買主の場合には、住宅ローンの白紙解約の条件がつかないため、安心して売買契約をすることが出来ます。

 

このページでは、一戸建ての買取業者を利用するポイント、また売れない空き家や難ありの物件を処分するためのコツをまとめたページをご紹介させていただきます。

一戸建てを買い取ってもらうには

戸建ての買取会社で3000万円以上で買い取ってくれる不動産会社

建て替えが難しい住宅を買取りしてもらう

連棟式建物や長屋の住宅を売却、買取してもらうには 再建築不可買取~当社が再建築不可を高く買い取る4つの理由

空き家を買取りしてもらう

売れない空き家を買取りしてもらうには

 

既存不適格物件の買取

建ぺい率容積率オーバーの既存不適格物件を買取してもらう

 

Step 2

アパートや区分マンション、収益物件を買い取ってもらう

相続した古アパート、収益物件を維持管理するのは大変です。

不動産投資に興味が無ければ、入居者や管理会社からの対応は煩わしく感じるだけです。

 

賃借人が付いているのであれば、不動産業者に利回りで買い取ってもらうことも出来ます。但し、築年数が古いアパートの場合には、賃借人が付いていないほうが高く買い取ってもらえることがあります。

どんなに建物が古くても、柱や床下、構造箇所など目に見えないところが劣化や損傷をしているものです。業者買取であれば、瑕疵担保責任の免除という特約付きで買い取ってもらえます。

 

もしも、相続した収益物件の維持が大変、割に合わない投資マンションを購入してしまった、など収益物件を所有していてお悩みの場合には不動産買取業者を利用するのも一つの手段です。

アパートを買取してもらう場合

アパートの買取、ボロボロで空室だらけでも高く買い取る理由

マンションを買取りしてもらう

中古マンションを買い取ってもらう、お勧めのマンション買取業者

 

Step 3

土地を買い取ってもらう場合

土地の大きさや形状、用途地域、接道条件によって、買い取ってくれる業者が変わってきます。

 

マンション用地、建売用地、アパート用地として30坪から100坪以上の土地の大きさがあれば、建売業者やマンションデペロッパーが高く買ってくれることがあります。

土地が小さかったり、変形していたり、建築基準法の接道義務を満たしていない土地の場合には、買取業者も限られてきます。

 

東京の土地は市場価値も高く、需要があって買取業者を選べますが、地方の土地や田舎の土地となると、買取対応してくれる業者が中々いません。利用が難しい田舎の土地の場合には、自治体に寄付もしくは業者に引き取ってもらうということも考えられます。

東京の土地を買い取ってもらう

東京の土地の買取業者を探すポイント

 

狭小地や変形地を買い取ってもらう

狭小地、狭小住宅の買取業者

 

売れない土地を処分、引き取りしてもらう

いらない古家付き土地や更地を寄付、引き取り、処分するには

 

Step 4

再建築不可物件の場合

再建築不可物件は、都市銀行や地銀、信金の住宅ローンが利用できなく、買い手も限られます。

再建築不可物件の相場は、周辺の土地や建物の相場の7掛けを目安とすることもありますが、

実際には接道状況、私道や通路の持ち分の有無、通行掘削の有無、建物の状態(リフォームの必要性)、隣地との境界の状況次第で、その土地の査定や評価は大きく異なってきます。

また、東京の再建築不可物件は売買の事例が多いですが、地方や田舎の再建築不可物件となると売買の事例も少なく、買取業者がいないため、売ることは大変難しいのが現状です。

当社の再建築不可買取について

再建築不可買取~当社が再建築不可を高く買い取る4つの理由

 

再建築不可の買取業者について

再建築不可買取業者の一覧

 

買い手がいない空き家を処分する

訳あり物件、自殺物件、事故物件の買取業者はある

 

Step 5

不動産の買取について

不動産業者の買取を利用する場合には、相場より安くなってしまいます。

不動産業者は相場の7掛けから8掛けで買取をしないと、リフォームして再販する不動産業者にとっては利益が出ないからです。

 

どちらにしても、早急に現金化したい、売れない物件をはやく処分したい、難ありの物件を売却したい

上記のような事情や理由があって土地や建物を売りたい場合には、買取業者を利用するのが早いかもしれません。

不動産のセールアンドリースバック

不動産買取会社によるセールアンドリースバック

 

当社の不動産買取の仕組み

最短3日で東京の不動産が現金化できる当社の不動産買取の仕組み 東京の不動産買取会社~高額査定をしてくれる会社の選び方

 

不動産買取は相場より安くなる

不動産買取業者の真実【相場より安い/デメリット】 東京の不動産買取会社が信用できない7つのワケ

 

東京の不動産買取会社が信用できない7つのワケ

1.東京の不動産買取会社が信用できない7つのわけ

 

多くの方は不動産を売却するとしたら、まずは不動産仲介会社に売却の相談をする方が多いです。

不動産会社に買取相談される方は少ないでしょう。

 

はじめて不動産を売却する方は、どこの不動産仲介会社に相談したら良いかわからないかもしれません。

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます