買い替え・住み替え

不動産取得税の軽減制度を受けるには【土地建物の購入時の税金】

不動産を購入した時には色々な税金がかかってきます。

  • 売買契約書に貼付する印紙代(印紙税)
  • 不動産を所有権移転登記するときの登録免許税
  • 不動産を取得した時に、都道府県から課される不動産取得税

 

不動産の評価額が高ければ、数十万円から百万円以上の不動産取得税がかかってくることもあります。

しかし、一定の要件を満たせば、登録免許税や不動産取得税の軽減措置を受けることが出来るのです。

軽減措置を受ければ、数十万円の不動産取得税がかからなくなる可能性があるということです。

 

続きを読む

未公開物件はお得な物件?【掘り出し物件】

不動産会社のホームページや街の看板、折込広告などに“未公開物件!早い者勝ち!“などの誘い文句が載ってることがあります。

未公開物件の多くは、不動産会社が情報を公にしたくないために未公開としています。

気を付けていただきたいのが、未公開物件だからといって決してお得な物件ではないということです。

続きを読む

親子間、親族間の不動産売買を行う際のポイントと注意点

土地や建物などの不動産を所有している場合、親子間や親族間で売買することがあります。この場合、通常の売買とは違った扱いになるケースがあるので、注意が必要です。

親子間での売買の際には、不動産仲介業者を入れずに直接取引することが多くなりますし、生前贈与とみなされて将来の遺産トラブルにつながる可能性も高くなります。

 

続きを読む

不動産の買取保証サービスを利用するには【売却保証/買取保証】

不動産会社に売却依頼をして、3ヶ月から6ヶ月で不動産が売却できれば成功といえるでしょう。

 

しかし、不動産会社が査定してくれた金額で売り出してるのに、全く売れる気配がないということもあります。

全く売れる気配がないということは、売り出し金額が市場の金額とは乖離が生じてしまっているのか、または需要が無いエリアの不動産かもしれません。

 

そうなってくると、価格を下げて再度売り出しをすることになりますが、買い替えの方や一定の期日までに売らなければいけない方からしたら大変焦る事態といえます。

 

続きを読む

不動産仲介会社が信用できないなら売却依頼する会社を変えてしまう

不動産仲介会社のことが信用できなくなったとき、専任媒介契約を更新せずに売却依頼先を変えることはできます。

 

媒介契約の更新時期は3か月とすることが一般的ですが、理由によっては途中で解除することも可能です。

 

不動産会社は笑顔で営業してくるけれども、裏では売主の為にならないことを考えていることもあったりします。

すべての不動産会社ではありませんが、売主の為でなく、自己の都合を優先してる会社も多いのです。

 

続きを読む

東京で格安・激安の一戸建てを1000万円台で手にいれる

ie

東京都内で安い一戸建てを探すには、常に物件探しのアンテナをはってないと難しいです。

 

当社には不動産投資家の顧客が多くいますが、その中でも物件探しがうまい方は当社からの物件資料のお知らせだけでなく、自ら不動産ポータルサイト、チラシや紙広告等を常にチェックしていらっしゃいます。

 

安い中古物件やお得な中古物件は1週間から2週間で終了してしまうことが多いからです。

続きを読む

東京で安い住宅や家、一戸建ての購入作戦【負動産/再建築不可】

再建築不可物件

 

東京で安い住宅や家を探していませんか? 東京都内でも1000万円以下、1000万円台から2000万円台の一戸建て、探せば見つかりますよ。

 

再建築不可って不動産業界や建築業界でつかわれている言葉、聞いたことありますか?

実際に、「再建築不可」って物件があるのを知らなかったという方、はじめて聞いたって方は多いです。

続きを読む

訳あり物件、自殺物件、事故物件の買取業者はある

1.事故物件や自殺物件の売買

家を売却するときに購入希望者や買主に告知しなければいけない事故物件や自殺物件

価格はどれぐらい下げれば売れるでしょうか? こればかしは売りに出してみないとわかりません。

 

多くの不動産営業マンは告知事項が有る(自殺や事件、孤独死、事故があった、周辺環境に問題がある)家を売ったことがありません。

続きを読む

買ってはいけない10の不動産

1.買ってはいけない10の不動産

個人の方が簡単に手を出してはいけない、買ってはいけない不動産があります。

 

どのような不動産を買ってはいけないのか。

不動産業者ですらも、金額が安かろうが、買い取りを避けてしまう土地建物があるのです。

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます