土地を売却するには

地区計画とは?都市計画制限とは?

不動産を売買したときに、建築基準法や都市計画法の制限について宅地建物取引主任士から重要事項の説明があります。

しかし、不動産売買の素人が僅か1時間から2時間の説明では売買契約書の内容を理解することは難しいです。

続きを読む

通行承諾書や掘削の同意書に署名捺印するメリットデメリット

1.通行・掘削の同意書に署名捺印するメリットデメリット

隣人から通行掘削の同意書の署名捺印を求められることがあります。おおよそ、隣人の方の不動産売買や建築をする為の理由が殆どでしょう。

敷地までの通路や私道の持ち分が無い場合には、一般の人は購入を避けやすい傾向があります。

通行権の有無がはっきりしていない、掘削できない問題が発生するかもしれない不動産は、売るに売れなくなってしまうことがあるからです。

続きを読む

半年、1年経っても家や土地が売れない場合【売りたい】

半年、1年経っても家や土地が売れない場合には、販売計画を見直しましょう。

また不動産会社を変更して、一から洗い直すことによって、すぐに成約になったというケースは多いです。それだけ、不動産会社の行動次第で結果は変わってくるのです。

大幅に価格も下げているが一向に効果があられていない、どうすればいいのか?というご相談をいただくこともあります。

続きを読む

私道や境界をめぐる問題を抱えた土地、法的手段による解決方法

土地を所有している場合、私道の利用方法について、隣人とトラブルになっているケースがあります。私道の利用を急に禁止されたり、自分の私道に勝手にものを置かれたりして困ってしまうこともありますし、土地の境界が明らかにならず、境界トラブルが発生している場合もあります。

このように、私道や境界のトラブルを抱えた土地を所有している場合、大変住みにくくなりますし、そのままでは土地の売却なども難しいです。

続きを読む

借地権譲渡の承諾に変わる許可を求める裁判手続きの方法【地主が承諾しない】

他人の土地上に建物を建てて居住しているときには、その土地上に「借地権」を設定していますが、建物を他人に譲渡しようとした際、地主が借地権の譲渡を承諾せずにトラブルになることがあります。

法律上、借地権の譲渡には地主の許可が必要とされているので、原則的には地主が承諾しない限り借地権譲渡ができないことになってしまうからです。

続きを読む

借地権、底地の買取業者の一覧

借地・底地の解決

底地を処分したい整理したいと思ってる地主、借地権を売りたいと思う借地人、借地・底地問題を解決したいと思われていらっしゃいませんか?

平成4年以前になされた借地契約は旧法借地権となります。

もしも、子供が借地権を相続した場合には、その権利は子供が承継することになります。

子供の代になってしまうと、地主や借地人の付き合いがまったくなくなってしまい、借地・底地の整理が遠ざかってしまいます。

続きを読む