一戸建てを売却するには

 

中古の一戸建てを高く売却したい、急ぎで売却したい、とお悩みになられていませんか?

 

不動産は購入することよりも売却することのほうが、難しいものです。

どこの不動産会社に任せたら良いのか、どれぐらいの金額で売れるのだろうか、いつまでに売却しなければいけないのか、どうやっても買い手がつかない場合はどうしたらよいのか

家を売るためには、しっかりとした準備と計画が必要です。

 

このページでは家を高く売却するポイント、不動産買取業者の選び方、難あり物件や築古物件の売却や処分の方法、空き家問題などについても、まとめさせていただきました。

 

Step 1

家を売却する前に知っておこう

家を高く売却できないの? 大手不動産会社に査定してもらった金額でも売れないのは何故? というお悩みの方は多いです。

家を相場通りの金額で売却できるかどうかは、売り出すタイミングや時期も重要ですし、不動産会社の販売方法や広告方法によっては全く売れないこともあります。

お盆休みがある8月や年末年始の1月、12月の閑散期においては、不動産会社が力を入れて販売活動を行ったとしても、まったく内覧者があらわれず空回りになってしまうことがあります。

買換えする方、相続した方、家を処分したい方、お客様の立場や事情によって売却金額や時期はことなるでしょう。

それぞれの事情や立場に応じた、販売計画が必要です。

 

このページでは家を100万円でも高く売却するためのポイントと、不動産仲介会社に査定依頼するための注意点、家が売れない場合の改善点をまとめたページをご紹介いたします。

媒介契約や坪単価、値下げについて、不動産業者が売主に知っておいてほしいページもあります。ぜひご参考くださいませ。

一般媒介契約か専任媒介契約か

一般媒介契約か(専属)専任媒介契約か、家を売却する時にどっちを選ぶ?

一戸建てを高く売却するために

一戸建てを高く売却する為のコツ 家を高く売る九つの方法【売却/相場】

無料査定を依頼する

不動産の無料査定を依頼する際に知っておきたいポイント 不動産一括査定サイトを利用する上で5つの注意点【全10サイト】

戸建てからマンションに買い替え

一戸建てを売却してマンションに住み替える、買い替える

坪単価を知ろう

坪単価いくらで家を売るべき?【土地価格/建物の坪単価】

インスペクションとは

建物診断をおこなって物件を売るには【インスペクション/メリット】

家が中々売れない場合

不動産の販売価格の値下げのポイントや時期【一戸建て/マンション】 いらない古家付き土地や更地を寄付、引き取り、処分するには

 

Step 2

一戸建ての買取を希望される方へ

一戸建ての買取業者の選び方をご存知でしょうか?

 

一戸建ての買取業者は多くあります。築浅物件なのか築古物件なのか、賃借人付きなのか、土地の大きさや形状、接道に問題はないかどうか、土地建物の状況によって、金額を出す不動産会社・金額を出さない不動産会社があります。

築古物件でも土地が大きければ、戸建て用地として建売業者が高く買い取ってくれることがあります。賃借人付きであれば、収益物件の買取業者や投資家が利回りを基準として買ってくれることがあります。

接道に問題がある再建築不可物件、また既存不適格物件や狭小物件の場合であれば、買取業者の数も限られてきます。

 

もしも、不動産買取業者の利用を検討している場合には、契約内容や条件については、事前に確認しておきましょう。買取業者と直接やり取りをする場合には、仲介手数料がかかりませんが、すべての買取業者が直接取引をするにあたって信用できるとは限りません。悪質な業者も多いので、気を付けましょう。

 

まずは、複数の買取業者に査定依頼をお願いして、買取金額と契約条件を比較検討しましょう。

戸建てを買取してもらう場合

戸建ての買取会社で3000万円以上で買い取ってくれる不動産会社 東京の不動産買取会社~高額査定をしてくれる会社の選び方 

建て替えが難しい家の場合

再建築不可買取~当社が再建築不可を高く買い取る4つの理由 連棟式建物や長屋の住宅を売却、買取してもらうには

 

既存不適格物件を買い取ってもらうには

建ぺい率容積率オーバーの既存不適格物件を買取してもらう

 

家を早期売却したい場合には、買取業者がはやい

急ぎの方の為の【早期売却】 すぐに家や不動産を売りたい

 

Step 3

難ありの一戸建てを売却したい場合

家を売却しようと思ったら、色々と売れない問題が出てきてしまい、悪戦苦闘している…とお悩みをかかえていませんか?

 

築年数が古くてボロボロになっている建物、旧耐震基準で建ぺい率や容積率がオーバーしている、周辺環境に問題がある、以前、身内が自殺してしまった、

上記などの事情により、家を売りに出しても、半年から1年以上、売れなくて困っていませんか?

 

だいたいの場合は、せっかく内覧者があらわれても、相場より価格が高すぎると判断されて、買い付けや申し込みが入らないパターンがほとんどです。売り出してから長期間かかってる場合には、周辺相場や類似物件の金額を確認したうえで、販売価格の見直しをおこないましょう。

 

事故物件や再建築不可物件、借地権などは買取業者を利用したほうが、売主にとって都合が良い場合もあります。

古い物件や旧法借地権の物件を売却したい場合

築年数が古い、築年不詳の物件、瑕疵担保責任が怖くて売れない 所有している旧耐震基準の建物を売却する【デメリットと危険性】
建ぺい率、容積率オーバーの既存不適格は売れない!? 借地権、底地を売却する為の4つのポイント

 

事故物件や難あり物件の場合

自殺や孤独死、心理的瑕疵がある事故物件を早期売却するには 訳あり物件、自殺物件、事故物件の買取業者はある
風水・家相が悪い土地建物、売っておきたい家 シロアリ、雨漏りしてるボロボロの家を売る為に

 

 

Step 4

空き家問題が深刻化してる?

空き家問題が深刻化している中で、国土交通省は空家等対策の推進に関する特別措置法の施行や、空き家の寄付の促進に取り組んでいます。

少子高齢化が進む中で、空き家や空き地が年々増えてしまい、維持管理できない所有者も増えているのです。

特に東京等の都心部を除く、地方や田舎のエリアにおいては、どんなに安く売りに出しても、買い手がつかないことがあります。

更地にしてしまうと固定資産税が高くなってしまうデメリットがあり、それもまた、ボロボロの空き家が増えている一因となっています。

空き家のまま長年放置していると、建物の倒壊や火事の危険性が高くなるばかりでなく、建物の劣化により売買が成立しづらくなってしまいます。

空き家の所有者は維持管理を投げ出して放置しないで、早い段階で売却をするのが一番です。

空き家問題とは

東京都の空き家条例、特別措置法に対する5つの解決策 東京の空き家の管理サービス

 

解体費用がかかってしまう

解体費用がかかる物件、現況のままで売却

 

家を修繕してから売却する

家を売却する前の修繕やリフォームは行うべき【売るためのポイント】

 

買い手がいない空き家を処分する

売れない空き家を買取りしてもらうには

 

売れない空き家、空き地

売れない土地や、売れない空き家の活用方法【田舎の土地】

残置物の処分をしてから家を売るべき?

 

残置物があるまま家を売却をしたいという依頼は多いです。

 

相続した所有者が遠方に住んでいる場合や、高齢の所有者が施設に入居してしまった場合に

自分たちで残置物の処分をすることが難しいからです。

 

続きを読む

築古物件の売却には気を付けよう【瑕疵担保責任と説明義務】

不動産売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、売主は瑕疵担保責任を負います。

 

 

瑕疵とは

家を利用する上で、通常有すべき品質や性能を欠いてる状態のことをいいます。

雨漏りやシロアリ、土壌汚染、地中埋設物のような物理的瑕疵もあれば、

過去に事件や事故などがあった心理的瑕疵

周辺に騒音や排気ガス等を出す工場がある環境的瑕疵

建て替えが出来ない土地等の法的瑕疵があります。

 

 

続きを読む

不動産の売却がうまくいかない? 販売価格が高すぎたケース

販売価格が高くて、販売してる不動産が半年から1年も売れ残ってしまうことがあります。

 

売れ残りの原因として、売主の希望価格が高すぎる、もしくは不動産会社が価格設定をまちがえていることがあります。

当たり前の話ですが、相場よりも価格が高ければ不動産は売れ残ってしまいます。

 

 

東京の不動産は、地方の不動産と違って、需要がある為にどの地区でも売買が頻繁おこなわれています。

成約事例や成約価格、取引事例なども多いために、その物件の販売価格が高いか安いか判別がつきやすいです。

 

高いと判別された物件は、たとえ東京の物件でも売れ残ってしまうのです。

 

続きを読む

1か月以内に不動産を売却して現金化するには

短期間で不動産を売る場合には、不動産業者による買取または、現金決済してくれる買い手を探すことになります。

「売り出してから半年、1年も経ってしまった、不動産会社から内覧等の報告をまったく受けていない…」と相談に来られる方もいらっしゃいますが、

その多くは価格設定を高くしてしまっていることが原因となっています。

 

 

続きを読む

隣地越境している建物を売却

密集市街や古家が立ち並んでいる地域では、建物が隣地境界を越境していたり、他人地に水道管や排水管が越境していることもあります。

そのような土地は、隣人から建物の越境物の撤去を求められたり、上下水道の配管の移設を求めらえることもあるでしょう。

 

売主や不動産会社は買い手に対して説明義務を負いますので、上記のような物件を何も説明せずに買い手に売却をしてしまった場合には賠償義務を負ってしまうことになります。

こういった隣地越境の問題は、近隣トラブルの発生の元となりますので、不動産売買をする前に当事者のヒアリングや覚書等の対応が必要となってきます。

 

続きを読む

成年被後見人の不動産の売却

施設に入ってしまった高齢者である親の不動産を売却したくても、売却できないことがあります。

例えば、親が認知症になっていて介護が必要な状態になっていれば、まずは成年後見の申立てをしなくてはいけません。

 

続きを読む

未登記建物を買取りしてもらう

建物の登記をすることは不動産を新築または取得した方の義務です。

不動産登記法では、建物を新築または取得したものは表題登記の申請をするように定められています。

表題登記とは・・・不動産登記簿に表題部が設けられ物理的状況(所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積・所有者)を明らかにする登記です。

新築した建物は1か月以内に表題登記をする決まりがあります。

表題登記

 

続きを読む

家や不動産を売るときに知っておきたいこと【手順/必要な書類】

家や不動産を売りたい時に最低限知っておきたいことをまとめました。

はじめて家や土地を売る方も、ぜひ最後までこちらのページをご覧くださいませ。

1.家を売る時に知っておきたいこと

売ろうと思ってる物件は、土地でしょうか? マンションでしょうか?

土地や戸建てなのか、区分マンションなのか、収益物件なのかで、売り方や売る時の必要書類も変わってきます。

 

続きを読む

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます