安く内装を綺麗にする3つの箇所~クロス・フローリング・畳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.壁・天井をクロスに張り替える

お部屋

リフォーム費用を安くおさえる為に、お部屋のクロスを張り替えるだけでもお部屋の雰囲気は明るくなります。安く内装を仕上げることも可能です。

また床下や壁、天井に断熱材を入れたり、下地を交換したりするとことも可能です。

壁の状況次第でクロスをはる手間やコストは変わってくる場合もありますが、仕上がりさえ気にしなければ、クロスの張り替えは誰でも簡単に出来るものです。

 

1−1.砂壁の場合

築年数が30年から40年超えてる昔の古家に多いですね。砂がポロポロ崩れていて、テープ等で無理やり押さえているご家庭も多いですね。

壁が砂壁などの場合、クロスの張り替え業者では対応してくれない場合もあります。

砂壁の場合、クロスを張るとなると、上からそのまま張ることはできません。ベニヤや石膏ボードなどで下地をつくってから

パテ処理をしてクロスを張ります。

 

1−2.プリント合板の場合

数十年と劣化したプリント合板、砂壁と同様に昭和建築の物件に多いです。

砂壁と同じように石膏ボードをはってクロスを張るか、プリント合板をはがしてから石膏ボードを張ることもあります。

 

1−3.長年使ってる古いクロスの場合はお金がかかる

何十年と古いクロスのまま生活されてた場合、クロスを剥がす作業だけでも手間と時間がかかります。

また古い家の場合は、壁がボロボロになってることもありパテで下地処理をしないといけません。

DIYでクロスの張り替えをされる個人の方もいますが、プロと素人の方がやると仕上がりに差が出てきます。

素人の方が、古いクロスを剥がす場合には、根気と時間が必要となってきます。一人で作業をすると心が折れてしまうかもしれませんので、友人や家族で協力して行ったほうが良いでしょう。

 

最近では、マンションでも流行ってるのがアクセントクロスです。1面だけ違うカラーのクロスにしてお洒落に見せられます。

 

1−4.クロスの張り替え相場は?

クロスの張り替えは平米単位で計算されます。

6帖の場合、壁・天井で約45㎡となります。平米当たり1000円から1500円で計算されることが多いです。

単純に45㎡×1000円(1500円)で、45,000円から67,500円となります。

但し、崩れてる穴の下地処理や、壁が土壁・プリント合板・古いクロスとなると、別途費用がかかってきます。

 

2.畳や障子・襖は交換する

畳が埃だらけで、障子もボロボロに破れている、そんな築古物件を多く見てきました。

しかし、畳や障子はフローリングや壁などに比べたら安く済ませられる場合があります。

 

2−1.畳の表替え・交換

畳の表替えとは畳の表面を覆っているゴザを新しいものに交換します。畳を交換するよりは安く済ませられます。

安い材料だと畳1帖3000円程度で表替えができます。畳を交換するとなると、1帖8000円から10000円程度かかります。

上記の価格帯は安い材料となります。国産や天然い草(自然素材)、手縫い畳などとなると、金額の桁も変わってきます。

 

2−2.障子や襖の張り替え・交換

障子や襖も安い材料や物によっては、1面(900ミリ×1800ミリ)2000円から3000円で張り替えができます。

 

2−3.畳の交換相場は?

畳の交換相場は畳の品質によって変わってきます。

賃貸仕様だと、中国産の安い畳を使用してることが多いです。安いと1帖8000円からございます。

国産最高級の畳となると、新畳1帖100000円から値段がするものもあります。そのような畳は神社やお寺などにつかわれてることも多いです。

国産の良い畳のほうが、保温・断熱性能や耐久性があります。それに比べて安い畳は劣化が早いです。

 

3.フローリングの張り替え

フローリングの張り替えの目安時期は10年から15年程度です。きしみや反りが出てくると、劣化も早いです。

また水まわり周辺は痛みも早く、キッチン周辺の床は、リビングや洋室とは違うフローリング素材に変えたほうが良いでしょう。

 

3−1.クリーニングやワックスがけ

フローリングは、定期的にクリーニングやワックスがけが必要です。3ヶ月から半年程度に1回はワックスがけをしたほうが良いです。

ワックスは見栄えがよくするだけでなく、床の保護のメリットもあります。ワックスを塗ってるほうが、フローリングは長持ちします。

クリーニングやワックスがけ位であれば、ホームセンター等で材料を購入することもできる為、自分でワックスを施すことも可能です。

 

3−2.フローリングの張り替え

フローリングの張り替え工事には、既存の床材を剥がしてから新しいフローリング材を張りつける場合と、そのまま上に重ねて張りする場合があります。後者のほうが費用としては安く済みます。但し、他の床や建具に対して段差の解消や調整などが必要となってきます。

またフローリング材は、化粧単板張りのもの(合板のもの・集成材のもの等)・無垢材のフローリングなどがあります。材料によって用途や費用もかなり変わってきます。

健康志向やお子様(ファミリー向け)、ペットを飼ってる方、パーティー好きの方など、生活スタイルや家族構成によってフローリング材を選ぶこともできます。

3−3.張り替え相場は?

一般的には合板フローリングの張り替えで6帖10万円から15万円位かかってきます。

また無垢材のものや既存の床材を撤去して新たにフローリング材を張る場合などでは費用も上がってきます。

フローリングの張り替え位であれば、仕上がりを気にしなければ、自分で行うことも可能です。

材料費だけであれば、ホームセンター等で2万円から3万円位で6帖のフローリング材を購入することはできます。

 

まとめ

安く内装を張り替えることで、お部屋の印象もがらっと変えることはできます。

塗装工事や設備工事のついでに、フローリングや壁天井まわり、畳障子襖なども張り替え時期になっていたら、交換してはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内装工事のお問い合わせ

中古物件を購入したいが、内装材をすべて新しくしたいと思っていませんか? 壁紙などのクロスやフローリングを張り替えるだけでも

雰囲気はガラッと変わります。

・リビング、ダイニングを明るい雰囲気に変えたい

・バリアフリーにしておきたい、段差を解消したい

・ドアなどの建具をあたらしくリフォームしたい

内装工事、その他ご相談お乗りいたします。

内装工事のお問い合わせ

コメント

コメントは停止中です。

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます