売れない土地や、売れない空き家の活用方法【田舎の土地】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れない空き家

田舎に土地や空き家を所有している場合、放置していても何のメリットもありません。毎年、固定資産税がかかりますし、土地上の建物が危険な「特定空き家」に指定されてしまったら、固定資産税の金額が高額になってしまうおそれもあります。

このような問題をクリアするには、空き家を活用することが大切です。

そこで今回は、売れない土地や売れない空き家を活用する方法をご紹介します。

 

1.空き地や空き家が社会問題になっている!

近年、田舎の土地や空き家が放置されていることが、社会問題になっています。

田舎に住んでいる親が亡くなって、子供である相続人が所有するようになります。

もし相続人が田舎の不動産に関心がないとすると、古くなった空き家には価値がないので売れず、そのまま放置されてしまいます。

 

そうなると、空き家の中に害虫や害獣が発生したり空き家自身が倒壊しそうになったりなど、いろいろな問題が起こります。

周囲の環境も悪くなり、そのことが原因でさらに土地活用ができなくなって放置される、という悪循環に陥ります。

 

売れない田舎の土地や空き家を放置している場合、このような土地活用に頭を痛めている方も多いでしょう。

田舎の土地や空き家を活用する方法を考える必要があります。

2.空き家を放置するとどうなる?

田舎の土地や空き家を所有している場合、活用の方法が思いつかずにそのまま放置していることが多いですが、空き家を放っておくとさまざまなデメリットがあります。

主に環境の問題、防犯上の問題、固定資産税の問題があるので、以下でそれぞれについて解説します。

2-1.環境上の問題

まずは、環境上の問題があります。

建物は、人が住まずに放置されているとどんどん傷んでいきます。すると、壁がはがれたり柱がもろくなったりして倒壊する危険などが発生してきます。瓦が落ちて周辺住民に怪我をさせたら、所有者が損害賠償責任を負うこともあります。

また、シロアリなどの害虫やネズミなどの害獣が巣くったりして、中がどんどん汚れていきます。悪臭が発生することもありますし、周辺環境が悪くなってエリア全体の土地価格がさらに低下するという悪循環に陥ります。

周辺住民からも苦情が来ることがよくあります。

2-2.防犯上の問題

空き家を放置していると、防犯上の問題も発生します。

放置している空き家は、犯罪に利用されやすいです。

長期間誰も立ち入っていない荒れた空き家には、そもそも鍵がかかっていないケースもありますし、鍵をかけていても勝手に外されて中に入られてしまいます。

すると、不良集団のたまり場になったり、勝手に犯罪集団のアジトにされてしまったり、大麻の栽培などの違法行為が行われたりすることなどがあります。

このようなことが後に明るみに出ると、空き家の所有者も犯罪に関与していたのではないかと疑われて、警察の取り調べを受けることになってしまうケースもあります。

空き家が放火の被害に遭うこともありますし、空き家から火が出て周辺住民に迷惑をかけたら、所有者が責任を問われてしまうおそれもあります。

2-3.固定資産税の問題

空き家を放置している場合、税金の問題が発生するかもしれません

不動産を所有していると、何の活用もしていなくても固定資産税がかかります。これは、毎年市町村に収める税金ですが、活用していないのに毎年支払をすることは大変な無駄なことです。

また、空き家を放置していると、その空き家が「特定空き家」に指定されてしまうことがあります。

特定空き家とは、特に周辺に迷惑をかけるおそれがある危険な空き家のことで、これに指定されると、固定資産税の金額が最大6倍にまで増額されてしまいます。

固定資産税の金額は、現在軽減措置によって6分の1などになっていますが、特定空き家に指定されるとこの軽減措置の適用がなくなるからです。

空き家を放置していて特定空き家に指定されてしまったら、周辺に迷惑をかけてデメリットが大きいだけではなく、高額な固定資産税を支払わなければならない可能性もあるので、このような事態はどうしても避ける必要があります。

 

3.空き家の活用方法

田舎の土地や空き家を放置している場合、いろいろなデメリットがありますが、空き家は意外と活用する方法がたくさんあります。

実際に空き家を活用して成功している事例もたくさんあります。

また、活用しない場合には、不動産業者による買取をしてもらうこともできます!

売れない空き家を買取りしてもらうには

 

以下では、おすすめの空き家の活用方法をご紹介します。

3-1.空き家を賃貸する

まずおすすめしたいのが、空き家を賃貸する方法です。

都会に住んでいる所有者にとっては何の価値もない空き家でも、田舎暮らしをしたい人などにとってみると大きな価値を持っていることがあります。

こうした需要をとらえて上手にマッチングすると、意外な好条件で空き家を賃貸できることがあります。

空き家を賃貸する場合、当事者だけで契約交渉をするとトラブルが起こりがちなので、不動産のプロである専門業者に依頼することが大切です。

不動産業者に依頼すると、空き家を借りたい良い借り手を見つけてくれる点でも便利です。

3-2.空き家バンクを利用する

空き家を活用したい場合、空き家バンクを利用する方法もおすすめです。

空き家バンクとは、地方自治体やNPO法人などが主体となって実施している、空き家を貸したい人と借りたい人のマッチングサービスのことです。

空き家バンクを利用すると、空き家を売却することも賃貸することもできます。

利用したい場合には、地方自治体などの空き家バンクに登録をします。そして、空き家に関心を持っている人が登録情報を見て、関心のある空き家に対して連絡を入れます。

すると、地方自治体などが空き家の所有者に連絡をしてくれるので、空き家を使いたい人と空き家を活用したい人が巡り会うことができて、空き家を活用することにつながります。

たとえば、空き家バンクを利用して田舎に移住したい人と巡り会って空き家を好条件で売却できた事例もありますし、空き家を借りたい人が見つかって、賃借人が空き家のリフォームをして住むという条件で空き家を貸すことができた事例もあります。

空き家を賃貸できたら、最低限固定資産税の支払いには足りる賃料が入ってくるでしょうし(多くのケースではそれ以上になります)、危険な特定空き家に指定されるおそれもなくなるので、とてもメリットが大きいです。

ただし、空き家バンクを利用するとき、地方自治体などは空き家の賃貸借契約や売却についての仲介はしてくれないので、契約条件などについては当事者が自分たちで話し合って決める必要があります。

自分たちで契約条件を話し合うと、うまく取り決めができずにトラブルが起こりがちなので、空き家バンクを利用する場合には、不動産仲介業者に依頼することが重要なポイントとなります。

3-3.空き家をシェアハウスにする

近年、空き家をシェアハウスにして活用する動きも高まっています。

シェアハウスとは、複数の賃貸人が1つの建物内に居住するタイプの賃貸借契約です。

田舎暮らしをしてみたいけれど、一人でいきなり移住するのは不安だという人や、家賃を抑えたいという人の需要に合っているので、若者などを中心に人気が出ています。

田舎の空き家はかなり大きい建物であることが多いので、リフォームすると3人~4人くらいの賃借人が居住することのできるシェアハウスにできることもあります。

シェアハウスにすると、その分多くの賃料が入ってくることになるので、ひとりの賃借人に貸すよりもメリットが大きいです。

 

下記、記事もご参考くださいませ!

いらない古家付き土地や更地を寄付、引き取り、処分するには

 

3-4.空き家をリフォームする

空き家の活用方法として、リフォームする方法があります。

田舎の空き家は、傷んでいるのでそのままでは活用できないことも多いです。そこで、適切なリフォームをすることにより、自分が住んだり人に貸したりできるようになります。

空き家の場合、リフォーム方法にも工夫ができます。

 

自分でリフォームしてから賃貸や売却することもできますが、それだけではなく、賃貸人や購入者にリフォームしてもらうのです。

田舎に移住したい人は、田舎暮らしにイメージを持っていて、そのイメージに沿った生活をしたいと考えていることが多いので、好きにDIYやリフォームできる条件だと喜ばれることがあります。

また、こちらとしても、わざわざお金をかけてリフォームする手間が省けるので助かりますし、その分賃貸や売却価格を抑えることができるので、契約の相手も見つけやすくなります。

このように、空き家の場合、リフォームが意外と重要な活用ポイントになってくるので、是非とも押さえておきましょう。

 

4.空き家の活用は不動産業者に相談しよう

今回は、田舎の土地や空き家の活用方法をご紹介しました。

空き家を放置していると、環境上、防犯上、税金上など大きな問題が発生することもありますが、上手に活用すると大変大きなメリットを得られます。

空き家は、人に貸すか売るか、選択肢をせまられることになります。不動産業者にはやい段階で依頼をしましょう。

 

今、空き家の活用方法を検討されているなら、まずは一度、当社のような不動産業者に相談してみてください!

当社でも首都圏の空き家、空き地の活用でしたら、ご相談お受けしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の売却

不動産の売却にお困りになられていませんか?

 

当社では居住用不動産の売却のお手伝いだけでなく、アパートやマンション・ビルなどの収益物件の売却もお受けしております。

・当社ではインターネットでの広告活動だけでなく、現地物件にてオープンルームや現地周辺に広告活動をしますので相場より高く売れる可能性があります。

・相続や税金対策、隣地や隣人との通行掘削の承諾書の取得、その他手続きもお任せくださいませ。

・他社でまったく売れる見込みがたってない売主様もご相談ください。他社で半年売れなかった物件を1か月で売った実績が多くあります。

 

下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。

不動産の売却依頼はこちら

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます