最短3日で東京の不動産が現金化できる当社の不動産買取の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる営業マン
はやく不動産を現金化したい方は特別な事情をお持ちの方が多いです。

あなた様は、どのような御理由で不動産買取をご希望されていますか?

不動産会社に買取を依頼することで、すぐに決済をしてもらうことができます。

 

・相続した不動産が空き家になっているから

・遺産分割協議後にすぐ売却したい

・住宅ローンを滞納していて早期売却をしたい

・権利関係が複雑になっている

・敷地が大きすぎて個人の買い手があらわれない

・建物がボロボロの状態だから、古家付き土地だから

 

また、当社では最短3日で不動産を現金化することはできます。

こちらのページでは、不動産現金化の事例や当社買取の仕組みについてご紹介させていただきます。

目次

1.相続不動産をはやく現金化させたい

2.不動産会社に買取査定を依頼する

2.不動産をはやく現金化させるには

3.売却で早く売ることに成功する方法

さいごに

1.相続不動産をはやく現金化させたい

不動産をはやく売ってしまいたい、現金化させたい方は多いです。

本来であれば不動産は大事な財産として価値が大きいものですが、所有者がその不動産を価値が低いものとみなしてる場合には早く現金化させたい傾向にあります。

築年数が古くなった家、駅から遠すぎて利用価値が低い物件、遠方に住んでいるため所有していても管理できない物件、などは所有者にとっても利用価値が低いので早く手放したいという方も多いです。

はやく不動産を現金化したい理由として、下記のような理由があげられますね。

相続した不動産を売ってしまって、兄弟で現金をはやく分割したい

空き家になってしまった家を早急に売っておきたい

住宅ローンや借入金の滞納をしたから任意売却ではやく売りたい

買い替えをすることになったので、今まで住んでいた物件をはやく売却したい

再建築不可物件、事故物件、難ありの物件を売りたい

1-1.遺産相続後にはやく分割したい

相続で家族間に不協和音が発生してしまうことはあります。

特に相続人が多い場合、たとえば、長男や次男、長女、次女などで話をまとめなければいけなく、不動産を相続人で分割するのが大変です。

なぜなら、不動産は換金性が低いです。換金性が低いものは相続時に揉めやすいのです。預貯金や有価証券などは換金性が高いです。

不動産を売却して現金化することで、相続人で分割することが簡単になります。また不動産会社による買取だと、はやく現金化することができます。

 

長男などが実家に住んでいる、相続不動産を生活の拠点として使用しているとなると、遺産・財産の分割が大変です。

長男が住んでいるために、家を売るという選択肢がとれない場合だってあるのです。争続にならないためにも被相続人が生前のうちに遺言書や相続対策などが必要なのです。

1-2.相続不動産は早めに現金化して相続人で分割する

土地建物の評価が数千万円あっても、均等に分割することはむずかしいです。

相続した不動産の場合には、いったん兄弟で共有名義にするために相続登記をすることも多いですが、それは問題の先送りにすぎません。

売却するときには共有者の方全員の承諾を得なければいけないため、いざ将来に売却しようとしたら話がまとまらないことも多いのです。

 

相続人の誰もが居住用不動産として使用しないのであれば、早めに売却や買取りをしてもらったほうが良いでしょう。

空き家になってしまうと、建物の劣化がはやく起きてしまいます。建物の価値がなくなってしまえば、不動産を現金化するにしても高く売れなくなってしまいます。

遺産分割協議のうえ、不動産を早急に現金化させる計画をたてましょう。

1-3.いらない不動産をはやく現金化したい

いらない不動産を所有していても、維持管理が大変・固定資産税等がかかるだけで、相続人にとっては何のメリットもありません。

      • 田舎にある土地やマンション
      • 空室が多いアパート
      • 難ありの土地
      • 再建築不可の土地や借地権

人に貸して収益が発生してるわけでもないのならば、売れるときに売って現金化したほうが良いでしょう。

エリアによっては公示地価が毎年下落してるところもあります。人口減少してるエリアや過疎化してるエリアは、不動産を早めに売却しておくべきです。

再建築不可の土地や借地権に関しても、地主や隣地の方が買い取ってくれるのでなければ、不動産会社の買取がお勧めです。

2.不動産会社に買取査定を依頼する

不動産会社に買取査定を依頼する方は、相続不動産を現金化したい方だけではありません。

下記のように、売り急ぎの事情がある方も多いです。

買い替えをはやくした方、住宅ローンを滞納してしまってる方、空き家をはやく処分したい方

不動産会社によっては、査定の返事がおそい会社もあります。不動産会社3社、4社以上に買取査定を依頼しましょう。

2-1.買い替え・住み替えで早く売却したいケース

同時進行でマンションの買い替えを進められる方もいますが、希望の金額で売却できるとも限りません。

購入の契約をすませてしまった場合には、自宅の買い手が見つからなければ二重ローンになる可能性もあります。

・売却契約をしてから新居を購入する契約を結ぶ(売り先行)

・新居を購入する契約を結んでから自宅を売却する契約を結ぶ(買い先行)

・売却先と購入する物件を同時に探す(同時進行)

もしも、はやく売却したい場合には、買取保証(買換え保証)を利用する又は不動産会社に買い取ってもらいましょう。

2-2.普通に売っていたら時間がない任意売却のケース

競売予告申立通知や不動産競売開始決定通知書が届いてしまった・・・住宅ローンや借入金返済の破たんが決定的な場合です。

任意売却でゆっくりと販売活動をしてる時間はありません。

こうなってしまうと、不動産買取会社による現金化でないと競売になってしまう場合も多いです。

住宅ローンを滞納してしまい督促や催促状が届いてしまったら、はやめに金融機関や不動産会社に連絡をして相談することです。

2-3.空き家の維持管理ができないので早く処分したいケース

遠方に住んでいると、維持管理ができません。災害や台風・火事や不法侵入などを心配してしまうので、さっさと手放したいと思う方は多いのです。

全国の自治体では空き家条例や特別措置法が施行されている為、管理できないのならば早めに売却をするべきです。

上記の条例が適用されるのは、周辺住民に迷惑をかけている家や危険な建物、倒壊の恐れがある建物です。

定期的に空き家の管理をされていれば問題ないですが、5年から10年と放置されている家は上記のような危険な建物と判断されてしまいます。

そうなってしまうと、不動産を現金化させることすら難しくなるかもしれません。土地の価格よりも建物の解体や修繕費が高くなってしまうのです。

 

また空き家を相続したのであれば、売却をして譲渡益が出たとしても、譲渡所得の控除を受けることが出来ます。

空き家を相続したならば、この特例をうまく活用しましょう。

3000万円の特別控除を受けるためには要件が幾つかあります。国税庁の下記のページをご参考くださいませ。

被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例

 

3.不動産をはやく現金化させるには

不動産業者に買い取ってもらって、すぐに現金化してもらうのが一番はやいです。

個人の方に売却活動をすると、いつ売れるかわかりません。

3000万円以下の少額案件であれば、1か月以内で現金決済してくれる不動産買取業者も多いです。当社では最短で数日で現金化できます。

不動産買取業者によっては契約条件(境界確定や決済期間)がことなります。

3000万円から1億円以上の土地建物でも、契約や融資の手配は個人の方に比べてはやいため、不動産買取業者は1か月~2か月以内の決済にも対応してくれます。

3-1.不動産買取会社に依頼する

不動産買取会社にお願いするデメリットとしては買い取ってもらう金額が市場価格より安くなってしまうことがあります。

ただし、不動産買取会社を利用することは買主様にとって都合が良いこともあります。

築年数が古い旧耐震基準のマンションや戸建て、再建築不可や43条但し書きの許可が必要な土地、がけ地や市街化調整区域、大きすぎる土地や狭小地などは個人の方では手におえません。

不動産会社に売却依頼をだしても、最終的に不動産会社の買取でまとまることが多いです。

不動産買取会社は査定書類や買付証明書など発行してくれます。名義人が多い方・相続代表者・後見人の方にとって、不動産を売却するうえで裁判所や第三者の承諾を得やすくなります。

再建築不可の買取

3-2.最短3日できる決済の流れ

謄本や公図などの資料があれば、当日現地を確認したうえで当日中に査定金額を出せます。

当社と提携司法書士、お客様との日程が合えば3日以内で契約と一括決済も可能です。

事前に売主(所有者)にて必要書類(権利証や登記識別情報通知、印鑑証明書)などが揃えておけば即決済が可能ということです。

 

 

3-3.不動産会社による買取のトラブルが少ない理由

面倒な案件、土地建物に隠れた瑕疵がおおい物件、隣地とトラブルを抱えている物件は不動産会社による買取だとノンクレームで売ることができます。

瑕疵担保免責、境界非明示でも対応してくれます

個人の方に売るのか、不動産会社に売るのか。

 

業者に売った後で大きな問題がでてきたとしても、業者自身の責任や調査不足の落ち度があったとみなしてくれます。

土地や建物に難がある物件は不動産会社による買取が楽です。また、はやく不動産現金化してくれます。

難あり物件は金融機関の融資の利用がむずかしく、個人の方でも現金を持っている方でないと買うことができません。

3-4.司法書士や土地家屋調査士との提携がある

不動産業者による買取であれば、懇意にしてる司法書士や土地家屋調査士、弁護士の先生がいます。

決済や測量、その他不動産取引をする上で、提携してる専門家が即座に動いてくれるため、下記のような事情があっても、問題ないでしょう。

権利証をなくしてしまった

測量図がない、建物は未登記である

共有者が多くいる、相続人が多い

3-5.当社はすぐに不動産現金化ができる

当社は東京都内、他県一部エリアであればすぐに不動産現金化ができます。公簿取引、現況渡し、瑕疵担保免責、そのほか諸費用は買主負担として売買契約ができます。

当社は売主(所有者)にとって都合よい形で売買契約ができるように不動産買取を行っている業者です。

売買契約書の内容は売主(所有者)にとって都合が良い、後々トラブルが残らない形にすることができます。

 

もし、他の不動産買取業者にて買取依頼をされてる方は当社にもご相談ください。中間省略業者に要注意です。難癖をつけて決済期間を延ばす不動産会社が多いのです。

事前に他不動産会社の契約書ドラフトのチェックや当社査定の金額もだせます。売主をだますような悪質な不動産買取業者も中には存在します。

お気軽に相見積もりください。

 

4.売却で早く売ることに成功する方法

不動産業者による買取ではなく、一般の個人のかたに売却したい。市場価格になるべく近い金額で高く売りたいが、さっさと売却したい。

そんな方の為の売却する際のポイントを教えます。

4-1.近隣売り出し価格よりも安く設定する

周辺物件や類似エリアの物件と同じ位の売り出し価格では簡単には決まりません。

土地や建物に評価できるポイントが有れば別ですが、1か月から3か月の媒介期間内で売却するには

数百万円と多少安く設定して売りに出すことです。

一戸建ての場合には、比較する物件が少ないため価格設定が難しくなります。

(一戸建ての場合には敷地や道路状況・周辺環境だけでなく、建物の状態や築年数・間取り・劣化具合など沢山の評価要素があり、ほぼ同一の物件は少ないからです。)

 

周辺の売り出し価格だけでなく、過去の売り出し・成約事例を調べる必要があります。

物件を探してる方が安いと簡単に判断できる物件であれば、1か月もあれば内覧者が多くあらわれるはずです。

不動産会社にてインターネット(Athome、SUUMO、home’s、REINS)サイトに掲載して、まったく内覧者があらわれなければ

売り出し価格がまだ市場価格と差がないのか、需要がまったくないエリアなのか、といったところです。

4-2.購入希望者の指値を受け入れる

指値で買付証明書や申込書を提出してくる方がたまにいます。その殆どが不動産投資家です。

不動産投資家は不動産会社による買取と同じく、現金決済をしてくれることもあり話がはやいです。

ただ、市場価格よりも非常に安く指値を入れてくるため、売主や所有者の最終的な判断にせまられることになります。

さいごに

当社は不動産買取による即現金化を行っています。個人の方だけでなく、不動産会社の方もお気軽にご相談ください。

また買取依頼と売却依頼、どちらもお受けしております。仲介による売却をご希望の方は別途ご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の不動産買取システム

不動産の売却にお困りになられていませんか?

 

当社では不動産の売却のお手伝いだけでなく、直接の不動産買取もおこなっております。

下記のように条件でもかまいません。当社だからこそ、引き渡したが完了した後でも売主様の責任が発生しないように買取できます。

・契約条件は売主様にとって都合が良い形で提示します。(建物の瑕疵担保免責等)

・確定測量しなくても、買取いたします。(境界非明示)

・当社は現金決済ができるため、不動産現金化がはやくできます。最短1週間で対応可能です。

 

下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。

買取依頼はこちら

コメント

コメントは停止中です。

最短で翌日査定結果! 100万円でも高く売るために
売却査定、買取査定どちらも選べます